« 萩 | トップページ | 青空 »

2008年6月10日 (火)

木部塗装 OSCL(その2)

Oscl2web

前回に続き、オイルステイン+クリヤラッカー仕上げ。

木の地肌を活かした塗装で、この家の床や木枠等と木部の塗装色を統一する為の塗装です。

今回は中塗り。

通常、オイルステインにて着色した上に直にクリヤをかけることが多いのですが、ここでは中塗りとして水性のニスを塗っています。

これは目止めの役割で、上塗りのクリヤをかけた際の吸いこみムラ(艶の違い)をなくすのが目的だそうです。

というのは、私も今回初めて知ったのですが...

クリヤは今回3分艶ですのであまり光沢感のないものではありますが、非常に気をつけた丁寧な施工がされています。

仕上げの工程が充分にとれていることと共に、施工会社の姿勢、塗装屋さんのレベルが高いこと等により、塗装工事としては特にいい仕事ができている現場といえるものと思っています。

|

« 萩 | トップページ | 青空 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515090/41490102

この記事へのトラックバック一覧です: 木部塗装 OSCL(その2):

« 萩 | トップページ | 青空 »