« てんとう虫 | トップページ | 地震対策家具金物-セイフキャッチ »

2008年6月 4日 (水)

ガラスモザイクタイル

Gmozaikkichiweb 数年前より、水回りの一部にガラスモザイクタイルをアクセントとして使用するケースがあります。

上の写真は在来工法による浴室の壁の一面をガラスモザイクタイル貼としたもので、透明のガラスモザイクタイルにブルーのガラスモザイクタイルで模様をつけたものです。

また、下の写真は洗面カウンター前をグリーンのガラスモザイクタイル貼としたものです。

どうしても狭くなりがちな水回りの一部を、透明感のあるガラスを使用することで、スペースを明るく広がり感のある場所にするのには有効な仕上材だと思っています。

私がこの材料を使い始めたのは、実は以前在籍していた前川建築設計事務所にいた頃に手がけた、佐賀県内に建つ公衆便所の設計においてです。

ここでは、床はガラス瓶を再生したガラス板、壁面とこの壁と連続するアーチ天井は全てこのガラスモザイクタイル貼としました。

石にしてもタイルにしても吸水率はゼロではなく、汚れが浸み込むものなので、これら以上にクリーンで掃除のし易い材料をということで使用したものです。

これにより、このトイレはグッドトイレ10に受賞しました。

Gmozaikmiyaweb

ところで、ガラスモザイクタイルには透明なもの、半透明なもの、不透明なものがあります。

使用するタイルが不透明なタイルでない場合は下地の色が透けて見えてしまいます。

施工にあたっては、下地を白くしておくことと、タイルの裏となる場所には墨を打たないという注意が必要です。

|

« てんとう虫 | トップページ | 地震対策家具金物-セイフキャッチ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515090/41423506

この記事へのトラックバック一覧です: ガラスモザイクタイル:

« てんとう虫 | トップページ | 地震対策家具金物-セイフキャッチ »