« 足場の解体 | トップページ | てんとう虫 »

2008年6月 2日 (月)

梅雨入りと外部工事

いよいよ関東も梅雨入りとのこと。

今年の梅雨は長びきそうな予報ですが、梅雨は現場泣かせでもあります。

幸い地業工事中の現場は現在ありませんが、地業工事を行っている現場では建物周囲がぬかるむ、転圧ができない、コンクリートが打てない等、作業面では不都合が多くなるものです。
「雨降って地固まる」という点では恵みの雨とはいえ、監理者としてもここで工程が遅れていくのは、その後の工程にしわ寄せがくるのを考えると、あまり歓迎できるものではありません。

これは工事着手直後の地業工事ばかりでなく、外構工事でも同様です。
通常は、外足場を解体した後に外構工事を行います。

現在工事中の吉祥寺の家の現場では、梅雨時期に外構工事となることが分かっていたので、外廻りの埋設配管などの土工事が発生するものについては外部足場を組む前に先行して施工しておきました。

そのため外構工事としては、土間コンクリートや表層の仕上げのみなので、梅雨とはいえ工程についてはあまり心配しないで済みそうです。
工程が詰まっていないということは、丁寧な施工も可能にするものです。

この現場も残す所あと1ヶ月弱、いよいよ大詰めになってきました。

|

« 足場の解体 | トップページ | てんとう虫 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515090/41404611

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入りと外部工事:

« 足場の解体 | トップページ | てんとう虫 »