« 初陣-シニアリーグ | トップページ | オープンハウス »

2008年6月23日 (月)

ヒメシャラとチャドクガ

Himasyara2web

住宅の外構によく植えられるヒメシャラ。

朝に咲いた花が夕方には落ちてしまうことから、平家物語で「沙羅双樹の花の色 盛者必衰の...」と詠われたシャラノキ(沙羅の木)。

株立ちで樹形もきれいなことから、和洋問わずシンボルツリーなどとして植えられるもので、私が手がける住宅でも採用することが多い木のひとつです。

ナツツバキよりも花が小さいので「姫」がつけられたそうで、あまり花を楽しむ木ではないともいえます(もちろん、だからこそ好まれる方もおられるようですが)。

また、モミジのように成長が早くなく、樹形を整える程度の刈り込みですむことから、比較的手入れがしやすい木ともいえます。

一方で、ヒメシャラがツバキ類ということをご存じでない方も多いようですが、ヒメシャラは、ツバキ科ナツツバキ属ですので、ツバキやサザンカ等と同様、時としてチャドクガが発生します。

チャドクガとはドクガの仲間の幼虫(毛虫)です。

チャドクガは、卵、幼虫、繭、成虫とも毒毛針があり、この毒毛針が皮膚に触れたり刺さったりすると皮膚炎を発症、かなりの痒みを生じさせます(私も経験しました)。

直接触れなくても、チャドクガが発生した木の近くにいるだけで風で飛散するものなので、その意味ではやっかいです。

そのような意味では、生け垣で使われるサザンカも「サザンカサザンカ咲いた道...」と気軽には唄えないようにも思っています(あくまで個人的な見解ですが...)。

Himasyaraweb_3

上記のようなことから、ヒメシャラを植えるとチャドクガの発生予防や駆除という手間がかかります。

住まいの外構に植栽を植える場合、メンテナンスフリーという植物はひとつとしてありませんが、これからヒメシャラ等のツバキ類を植える方には、以上のような注意が必要です。

|

« 初陣-シニアリーグ | トップページ | オープンハウス »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515090/41626117

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメシャラとチャドクガ:

« 初陣-シニアリーグ | トップページ | オープンハウス »