« ウッドデッキ用ビス | トップページ | 前期リーグ第2戦&対外試合 »

2008年6月 5日 (木)

板塀と目隠し塀

Hei013web

現在完成に向けて工事中の住宅の板塀と目隠し塀です。

木製の塀の弱点は、何と言っても木材の耐久性。

特に、柱の足元と塀天端の笠木を腐りにくくする必要があります。

まずは柱について。

柱は基礎にそのまま乗せてしまうと、柱の足元の水が抜けずに腐りやすくなってしまいます。

そこで、柱が基礎に接触しないように、金物で支持するものとしています。

Hei012web_2

この金物は亜鉛メッキ製で外部に使用してもある程度の耐久性は期待できるものですが、足元を基礎から浮かすように打ち込んだ後、グラファイト塗装という主に橋梁用として開発された耐久性に優れた塗装を現場で塗りました。

右は支柱が建てられた所。

塀の部材は全て檜ですが、組み立て前にキシラデコールを2回塗りとしています。

Hei02web 左は面材の取り付け。

面材も組み立て前に塗装をして、1センチの目地をあけての竪貼りとしたもので、板の下端は水が切れやすいようにテーパー加工としています。

使用するビスはもちろんステンレス製です。

Hei03web_2

800本近く使用するビスを全て黒色塗装するのはあまりにも大変な作業になるので、頭があらかじめ黒色塗装を施してあるビスを見つけてきてもらいました。

あとは、アルミ製の黒色笠木を天端にかぶせて完成となります。

|

« ウッドデッキ用ビス | トップページ | 前期リーグ第2戦&対外試合 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515090/41433835

この記事へのトラックバック一覧です: 板塀と目隠し塀:

« ウッドデッキ用ビス | トップページ | 前期リーグ第2戦&対外試合 »