« 明るい家-トップライト | トップページ | 明るい家-ガラス床 »

2008年7月30日 (水)

明るい家-光が透ける床

Arakaidup07web

前回は吹き抜けを通じてトップライトから自然光と採り入れる「明るい家づくり」の事例をご紹介しましたが、今回は、吹き抜けではなく階段室を利用した光の採り入れ方です。

これは上階から下階へと光を導くための床として、ガラス繊維強化プラスチック(FRP)を格子状に成型したグレーチング(ファイバーグレーチング)を採用した例です。

上の写真は3階建て住宅の2~3階、及び3階~ペントハウスまでの2層にわたる階段の床をこの材料で造った例で、階段を見上げた写真です。

階段上部にトップライトを設け、3階建てであっても1階にまで自然光が降りそそぐように、またこの階段室を通じて各階の全ての部屋の自然な換気がはかれるようにしたものです。

Arakaid01web_2左の写真は、この階段の夕景です。

上部から光が降りそそいでいた階段が、時間や陽射しの変化に伴って下階からの光を感じる場所へと変化をしていく様子は、幻想的な場でもあります。

また、右下の写真はこのグレーチングを外部に使用したものです。

窓の外のバルコニーやテラスは、時として下階の陽射しを遮り、下階の日当たりを悪くすることがあります。
バルコニーの奥行きが大きい時には特にこれを解消したいものです。

Aragaiup01webそのような際に、バルコニーを木製としてすのこ状にしたり、グレーチングを使用することは有効な手段です。

その中で、耐用年数が長く、錆びることもなく、再塗装や取替えの必要もないこのグレーチングは非常に便利な素材と考えています。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

|

« 明るい家-トップライト | トップページ | 明るい家-ガラス床 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515090/42011393

この記事へのトラックバック一覧です: 明るい家-光が透ける床:

« 明るい家-トップライト | トップページ | 明るい家-ガラス床 »