« 3-1 | トップページ | 授業参観 »

2010年6月25日 (金)

ワンランク上の家-モルタル塗

木造住宅における素材のグレードアップ仕様のお話。
ついに第10回目です。

今回は外壁等のモルタル塗りのお話です。

今日のメーカー住宅等では、モルタルを塗る工事は非常に少ないものです。

手間のかかる工事はなくして、パタパタと組み立てる方式の方が
効率がよい
誰でもできる
といったことが主な理由です。

安・早・短の象徴的な部分です。
(もちろんメリットもいろいろとあります)

メーカー住宅の多くの外壁はサイディング材
住宅建築家の手がける家の多くはモルタル塗
(他にはALC、金属パネル、等)
が多いものといえるでしょう。

モルタルの歴史は古くピラミッドの建造にも使われているもので、
今日の多くの建材が石油化学製品(有機物)なのに対して
無機物質なので耐久性がある
天然の素材

という点で、今もなお魅力のある素材だと思っています。

いづれにしても、それぞれの素材には一長一短があるものです。

さて、モルタル塗についてですが、施工者、天候、施工工程等により出来の良し悪しがあるものです。
(ここが欠点につながりやすい部分です)

つまりモルタルの欠点は、
ひび割れ

そこでその欠点を補うひとつの方法として、必ず施工してもらうのが

ファイバークロス

Fiberweb_3下塗り段階でひび割れ防止にメタルラスという金網を施工するのは当然のことですが、中塗り段階でこれを入れるのは、まだ常識化まではしていないようです。

とはいっても、良心的な施工者であれば何も言わなくても施工をするものです。
(利益最優先の業者さんではあり得ないことでしょうが...)

決して特別なことではないのですが、この

「ひと手間」

グレードアップなどということではなく、

当然のこととして行われるようになってほしいものです。

これも仕上がってしまうと見えなくなる工事(一般的には誰にも分からないような所ですね)ですが、
実は完成してから何年も経過した後に
性能の差が出る大事なもの
のひとつだと思っています。

↓よろしかったら「アクセスランキング」にクリックをお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

|

« 3-1 | トップページ | 授業参観 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515090/48718979

この記事へのトラックバック一覧です: ワンランク上の家-モルタル塗:

« 3-1 | トップページ | 授業参観 »