« ワンランク上の家 | トップページ | ワンランク上の家-断熱(壁) »

2010年6月10日 (木)

ワンランク上の家-断熱(屋根)

木造住宅における素材のグレードアップ仕様のお話。
まず第1回目です。

まずは屋根面の断熱材について
(関東近辺での話です)

屋根は太陽からの熱をまともに受ける所ですので、家全体のバランスもありますが、最も断熱性能が問われる部分といえます。

10年程前の住宅の屋根面の断熱材として一般的な仕様は、
グラスウール、100mm品敷込
というものが一般的だったと思います。

それ以降、住宅の高断熱化により、この厚さを増したり、グラスウールの他にもさまざまな素材が使用されるようになってきました。

多分3~5年の間隔で、社会全般に「一般的」と言われる断熱材の仕様は変化してきたと思います。

Yanedanweb私は、ここ3~4年程はセルローズファイバー(古紙のリサイクル品)を使用してきました。
((株)マツナガ、MSグリーンファイバー)
その厚さは150mmで、この断熱材の上部を通気層とするものでした。

この材料を使用する主な理由は、
・隙間ができないこと
・エコ、リサイクル商品といえるもの
・雨音等の遮音性能に優れていること
・調湿性能・結露防止性能に優れていること

といったことによるものです。

特に遮音性に関しては、防音室をつくる際にも使用できる素材ですので、断熱・遮音に関しては一石二鳥の素材です。

今回の住宅においては、初めて150mmではなく175mmという厚さとしました。
フラット35S、省エネ仕様(等級4)対応とする為です。
(材料メーカーによってはもう少し厚く必要なものもありますのでお気をつけください)

ご参考までに、これにかかる工事費は屋根面積の坪当たり2万円に近いものです。
(15坪の屋根面積とすると総額で30万円、仮に総2階建ての30坪の住宅とすると坪当たり1万円ということになります)
性能が全く異なるので比較するのは適切ではないかもしれませんが、前述のグラスウールと比べてしまうとかなり高価なものといえるものではあります。

↓よろしかったら「アクセスランキング」にクリックをお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

|

« ワンランク上の家 | トップページ | ワンランク上の家-断熱(壁) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515090/48588672

この記事へのトラックバック一覧です: ワンランク上の家-断熱(屋根):

« ワンランク上の家 | トップページ | ワンランク上の家-断熱(壁) »