« 頭上注意-瓦や天井の確認を! | トップページ | 続・建築家100の模型展(会期延長と巡回展示) »

2011年3月20日 (日)

災害派遣建築士募集

つい先程、私の仕事場に下記のような連絡を受けました。
いわゆる応急危険度判定員による防災ボランティア(公的機関によるもの)ではなく、
損害保険会社の建物調査に関する協力依頼です。

以下、連絡を受けた内容をそのまま転記、紹介します。

1.各1級建築士及び2級建築士の皆様方へ
全世界から救助隊が日本の支援のためにこられています。
ここで私たちのできることは1日でも早く被害にあわれた方の救済が早く実施されることと思います。
そこで、損害保険会社から建物鑑定をする建築士の方の要請があります。

下記の通りご協力をお願い致します。
2.被害建物の調査、鑑定に従事して頂く鑑定人(建築士)が大半に不測しております。
3.東京都心の損害保険会社に出向して頂き、担当者から被害建物の調査鑑定依頼を受けて東北地方の建物被害額を積算するのが仕事です。
4.かなりの建築士さんが必要ですので期間は3週間以上、又は長期に仕事ができる方は
1ヵ月でも可能です。
5.日当、宿泊、交通費は仕事ができる建築士さんにご説明しますが、日当計算になります。

日本科学鑑定(株)
福岡本社
〒812-0002
福岡市博多区空港前2丁目5-40(503)
TEL (092) 623-1231/FAX (092)623-1070
担当:中山徳政

大阪支社
〒572-0018
大阪府寝屋川市境橋町19-10-201
TEL (072)837-3420/FAX (072)837-3430

E-mail:jrs0119@spice.ocn.ne.jp
URL:http://www.jrs0119.com

以上の内容です。

なかなかこれだけの時間をとれる人は少ないかとは思いますが、
建築の有資格者として今回の大災害の復旧に協力できるものと思われましたので、ここで記させて頂きました。
(上記の内容並びに損保会社名、集合場所(都内)、出発日、報酬額その他に関して直接担当者から話を聞き、私なりに検討をしましたが日程面ではとても協力できるものではありませんでした。、また、上記内容はあくまで連絡を受けた内容ですので、この情報にこちらで責任を負うものではありませんが、電話やメールでのやりとりをした限りでは不信なものではないと思われたこと、また設計者として今回の災害に何かできることは?と考えている中で、このような動きを記しておくことも...と思い、あえて自身のブログに記載したものです。ご興味のある方は直接上記まで問い合わせ・ご確認ください。)

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

|

« 頭上注意-瓦や天井の確認を! | トップページ | 続・建築家100の模型展(会期延長と巡回展示) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515090/51171735

この記事へのトラックバック一覧です: 災害派遣建築士募集:

« 頭上注意-瓦や天井の確認を! | トップページ | 続・建築家100の模型展(会期延長と巡回展示) »