« 安全祈願 | トップページ | 自宅の庭木(新緑) »

2014年4月 8日 (火)

外壁改修

cherryblossomもすっかり葉桜となり、新緑を楽しむ季節となってきましたね。

先日、3月半ばから工事をしていた私の事務所の外壁改修が終わりました。

築19年経って初めて行った外装改修です。

Ategaikan01web

コンクリートの打放し面は、フッ素樹脂塗装の塗替えです。
壁面はまだ竣工時の塗装(薄化粧)がまだしっかりとしていましたが、
壁上部は風雨により塗装だけでなくコンクリート自体も表面が傷み始めていました。
本来はもう少し早めに行うべきものでしたが、ようやく今回、改修を行ったものです。

壁面としてはもともとあまり傷みが激しかったり汚れていたものではなかったので、
一般の人には、改修後もほとんど変わったようには見えないと思います。
(やや艶っぽくはなりましたが)

しかし美観という観点ではなくコンクリートの保護、性能維持という点では
どうしても必要だったものです。

下の写真は、事務所の出入口脇の外壁を改修した部分です。

Ategaikan02web

当時はまだ外断熱工法が確立していなかったこともあり、
表面に亀甲状のひび割れが生じていた壁面です。

今回は下地から手当を行った上で、校倉仕上という櫛目で引いた仕上げとしました。

この部分を含めて建物全体は廉価な吹き付け仕上げですが、
入り口廻りの目線に近い部分だけでも...ということで、
左官屋さんに仕上げてもらったものです。

事務所の内部にしても、私の自宅にしても、そこまではなかなか手が回りませんが、
建物は完成後15~20年というのが、一般的にも改修すべきことが出てくるタイミングです。

ここで手を施すか否かは、その後の美観だけでなく耐久性にも関わってくるものです。

とはいっても先立つものが...ということももちろんあるのですが。

必要なことはやらなければ

ということで必要最低限と思われる事を行った今回の改修でした。

↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

|

« 安全祈願 | トップページ | 自宅の庭木(新緑) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515090/59433194

この記事へのトラックバック一覧です: 外壁改修:

« 安全祈願 | トップページ | 自宅の庭木(新緑) »