« ビッグひな祭り | トップページ | 桜 »

2017年2月25日 (土)

久しぶりにMIDOビルへ

昨日の話の続きになります。

勝浦からの帰りはお茶の水から中央線に乗り換えるのですが、この日はたまたま来た電車が中央特快。
吉祥寺には止まらない電車なので、中野あたりで乗り換えようと思って乗車したのですが、車窓から見える外堀の景色を見ていたらふと私がかつて在籍していた設計事務所に顔を出してみたくなりました。
(私の大先輩である現在の所長さんに伺いたい話があるのを思い出したこともあったのですが)

ということで、四谷駅で途中下車。
手ぶらで行くのも失礼かと思い、駅を降りてまずは「わかば」へ。
ご存じの方も多いかとは思いますが、四谷にあるたい焼きの名店で、
私が四谷で仕事をしていた時には休み時間によく通ったお店のひとつです。
(以前、確かこのブログで書いたかと思いますので...ここでは省略します)

この季節の週末ということもあってか店の前にはこれまでよりも長めの行列。
20~30分程並んでようやくわかばのたい焼きを購入。

事務所は、現在工事が始まった四谷駅前の大規模再開発の現場のすぐ脇にあります。
ここ数年で変わっている周辺のお店や街並の様子を見ながら久しぶりの事務所へ。

事務所は、私が師と仰いだ前川國男先生がつくったミドビルという建物内にあります。
(ミドという名前は設計関係者では知っている人も多いかと思いますが、前川先生のミド同人構想から名付けられたものと理解しています)

ビルとはいっても地下1階、地上3階建ての建物です。
完成は1954年。
上野の国立西洋美術館の完成が私の生まれた年である1959年ですので、それから更に5年前に建てられた前川作品のひとつです。
コルビュジェの影響を多分に感じさせる近代建築の象徴的な建物であり、
私の大学卒業後17年間、それも幾度とない徹夜作業も含めて長い時間、濃密な時を過ごした場所である事、等々。
愛着と同時にさまざまな思い出が詰まった場所です。

160224midoweb


この建物には前川建築設計事務所の他、先生が声をかけて呼び寄せた
故横山不学先生がつくった横山建築構造設計事務所
故柳宗理先生がつくった柳工業デザイン研究会
故渡辺義雄先生(写真家)のアトリエ
日本の各界を代表する人達の仕事場が入っていて、渡辺先生以外の事務所は今でもここで活動中です。

そのようなこともあって、それぞれの先生のもとに集まったスタッフ同士はさまざまな事での交流があり、私のように独立した者でもいまだに仲間同士のような関係を続けさせて頂いています。

ということで、
何年かに一度ある私の気まぐれな来訪でしたが、
久しぶりに会う先輩や後輩、かつての仲間達と会うことができました。

このところ自分の事務所内での作業が多かったこともあり、
勝浦への往復で移動時間は長かったものの、
充実したいい時間を過ごすことができた昨日の午後のお話でした。

↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

|

« ビッグひな祭り | トップページ | 桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515090/64937973

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにMIDOビルへ:

« ビッグひな祭り | トップページ | 桜 »