« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月25日 (木)

残雪

今回の東京の大雪。

私は今週の前半は外出の予定がなく、今回の降雪の際はほとんど仕事場に籠もりっきりで過ごしました。
ということで、移動で苦労したりする事はなくてすみました。

Zansetuweb


写真は本日、仕事で出かけた際に乗り換えの中井駅(西武新宿線)で見た光景です。
日没前に雪が残った線路を電車が来る景色ですが、東京ではなく北国にでも来たかと錯覚するような景色でした。

今朝の東京は-4°を記録したとか。

これでは日中でも雪がなかなか溶けませんねsnow

↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

究極のお雑煮

今日からお仕事だった方は多いのではないでしょうか。
お正月モードも切替えですね。

皆さん、それぞれのお正月料理を食べられたことでしょう。

私は、お正月料理の中でも、お雑煮に特にこだわりを持っています。

以前、このブログで「お雑煮」というタイトルで書いたので内容が少し重なってしまいますが、あらためて書かせて頂きます。

私は家族の出身地の違いから毎年3種類のお雑煮を食べていますが、
この中で「究極の一品」「日本が誇ることができる食文化」と思っているのが、私の父のふるさとである金沢のお雑煮です。

使う素材は4品。
お餅、昆布、醤油、それと水
これだけなのですが、まさにお餅を味わう為のお雑煮だと思っています。

それだけにその一つ一つの素材が味を大きく左右します。

まずは何といってもお餅です。
近年のお餅は米どころから取り寄せても乾燥してもひび割れにくくなっていたり、何らかの添加物が加えられているのではないか疑わしいものが多く、本当に自然なお餅が少なくなったように思いますが、皆さんはいかがでしょう。
できれば、自分でついたものが一番いいようですね。

昆布、これは日高昆布であれば...

醤油、うすくち醤油でないとダメでしょう。

つくり方は、いたってシンプルです。
お鍋に水を入れてその中に昆布を敷き、その上にお餅をのせ、
水から沸騰をさせずに弱火で加熱。
(お餅の形を崩さない為にも、とにかく弱火で)
お餅が柔らかくなったところで薄口醤油を、出汁がわずかに色づく程度に少量加え、
これででき上がり、
というもので、
出汁とお餅だけをお椀に移して食べるものです。

京風と言っても良い料理だと思います。

具は全くなく、具だくさんのお雑煮に慣れた人には物足りないものかもしれませんね。

東京人にしては関東の濃い醤油にはいまだに慣れきれずにいる私にとって、
この出汁とお餅の味わいは、まさに究極のお雑煮だと思っています。

SNSでは、
毎年お餅により死亡者が十人以上も出るのに、日本人はそんなお餅を食べ続けているのは何故?
などと海外で話題になっているそうです。

でも、こんな美味しいもの
止めることはできませんよね(笑)

↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

新年

あけましておめでとうございます

2018hinode01web


今年も昨年同様、天気に恵まれたお正月ですねsun

写真はここ数年と同じ場所での初日の出の写真です。
寒い中で日の出を待つのはやや厳しくなってきましたが、
それでも一年の最初に拝むご来光はいいものです。

今年も短めの正月休みです。
昨年末より継続している仕事が気になっていることもあり、
あまり休んでしまうとモチベーションが上がるのに時間がかかってしまいそうですので、明日より仕事モードに戻していこうと思っています。

本年も、喜んで頂ける仕事、納得できる仕事をしていくつもりです。

よろしくお願い申し上げます。

↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »