« 2018年7月 | トップページ

2018年8月

2018年8月17日 (金)

根切の確認へ(地中障害)

今日の午前中は目黒の現場に行ってきました。

まだお盆休みの人も多いのでしょうか。
吉祥寺駅の自転車置場はガラガラ、井の頭線のホームも並ぶ人もまだ少なかったです。

今日は朝からやや風は強いものの、夏のピークが過ぎたのを感じさせるすがすがしく気持ちいい天気でした。

今回の現場は地下室があり、杭工事もあることから根切工事は一度に行う事ができず、3回に分けて行うものです。
山留めの杭を打設したところ、地中障害物に当たって杭が打てない場所が数カ所あるということで、根切の状況確認と同時にその障害物の確認に行ったものです。

地中障害物にはさまざまな物がありますが、今回は敷地の一部に解体ガラが埋められていたり、擁壁の控え壁等が突出しているものでした。

解体や搬出には手間がかかるものの、さほどやっかいな物ではなくひと安心でした。

Negiriweb


先日あたりから、空を見上げると少しずつ秋っぽい雲に変わってきたようです。
気温も30°に届くかどうかということで、少し過ごしやすくなってきましたね。
現場の職人さんたちにとっては今年の夏は相当に厳しかったようなので、しばらくはこのすがすがしさが続くとよいのですが。

↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

現場での仕上材決め

先週の土曜日に大泉学園で建築中の現場において、主要な仕上材や色の最終決定を行いました。

Oig07gen01web


使用する仕上材は、もちろん設計段階の打合せでカタログや見本を建て主さんにお見せして基本的な仕様は決めてありますが、現場段階でその最終確認を行うものです。
仕上材は決めてあっても色までは決めていないものもありますし、現場で見ると材料メーカー等を含めて見直したくなる物もあります。

一般の方にとってはカーテンやブラインドを内装を見ながら決めた方がイメージがしやすいのと同様、各所の仕上材や色についても図面上で想像するよりも現場での方がイメージはしやすいものです。
そのような事から、仕上材の最終決定は現場で建て主の方と共に行う事が多いものです。

仕上材の決定は工事の進捗によって決める時期が異なるものもありますが、先日は外壁の左官仕上材やタイル、床石等、外回りの主要な素材を決めるものでした。
そのようなことから、建て主の方と、あらかじめご要望を伺った上で用意しておいた複数の見本を元に最終的に使用する物の決定を行ったものです。

土曜日はちょうど関東に台風が近づいてきていた為、雨の中での打合せになってしまうのではと懸念していましたが、打合せの時間だけは晴れ間が訪れ、上手く現場での検討や打合せを行うことができました。

通常外壁の色を決める際は、建物の外側はシートで覆われている事が多いものですが、今回は台風対策の為にシートは支柱にくくり付け、建物の姿が見えやすい状態でもありました。

Oig07gen02web

そのような点では、天気も現場の状況も、今回の仕上げ決めに味方をしてくれたような、まさにベストタイミングでの打合せになりました。
(打合せ後、1時間程経ったところで天気が急変。どしゃぶりになりましたが...!)

誰かは分かりませんが、日頃の行いが相当によい人が居てくれたようです。

↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ