« 酷暑の中のゲーム | トップページ | 根切の確認へ(地中障害) »

2018年8月 2日 (木)

現場での仕上材決め

先週の土曜日に大泉学園で建築中の現場において、主要な仕上材や色の最終決定を行いました。

Oig07gen01web


使用する仕上材は、もちろん設計段階の打合せでカタログや見本を建て主さんにお見せして基本的な仕様は決めてありますが、現場段階でその最終確認を行うものです。
仕上材は決めてあっても色までは決めていないものもありますし、現場で見ると材料メーカー等を含めて見直したくなる物もあります。

一般の方にとってはカーテンやブラインドを内装を見ながら決めた方がイメージがしやすいのと同様、各所の仕上材や色についても図面上で想像するよりも現場での方がイメージはしやすいものです。
そのような事から、仕上材の最終決定は現場で建て主の方と共に行う事が多いものです。

仕上材の決定は工事の進捗によって決める時期が異なるものもありますが、先日は外壁の左官仕上材やタイル、床石等、外回りの主要な素材を決めるものでした。
そのようなことから、建て主の方と、あらかじめご要望を伺った上で用意しておいた複数の見本を元に最終的に使用する物の決定を行ったものです。

土曜日はちょうど関東に台風が近づいてきていた為、雨の中での打合せになってしまうのではと懸念していましたが、打合せの時間だけは晴れ間が訪れ、上手く現場での検討や打合せを行うことができました。

通常外壁の色を決める際は、建物の外側はシートで覆われている事が多いものですが、今回は台風対策の為にシートは支柱にくくり付け、建物の姿が見えやすい状態でもありました。

Oig07gen02web

そのような点では、天気も現場の状況も、今回の仕上げ決めに味方をしてくれたような、まさにベストタイミングでの打合せになりました。
(打合せ後、1時間程経ったところで天気が急変。どしゃぶりになりましたが...!)

誰かは分かりませんが、日頃の行いが相当によい人が居てくれたようです。

↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

|

« 酷暑の中のゲーム | トップページ | 根切の確認へ(地中障害) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515090/67011305

この記事へのトラックバック一覧です: 現場での仕上材決め:

« 酷暑の中のゲーム | トップページ | 根切の確認へ(地中障害) »