« 現場での仕上材決め | トップページ | 杭工事 »

2018年8月17日 (金)

根切の確認へ(地中障害)

今日の午前中は目黒の現場に行ってきました。

まだお盆休みの人も多いのでしょうか。
吉祥寺駅の自転車置場はガラガラ、井の頭線のホームも並ぶ人もまだ少なかったです。

今日は朝からやや風は強いものの、夏のピークが過ぎたのを感じさせるすがすがしく気持ちいい天気でした。

今回の現場は地下室があり、杭工事もあることから根切工事は一度に行う事ができず、3回に分けて行うものです。
山留めの杭を打設したところ、地中障害物に当たって杭が打てない場所が数カ所あるということで、根切の状況確認と同時にその障害物の確認に行ったものです。

地中障害物にはさまざまな物がありますが、今回は敷地の一部に解体ガラが埋められていたり、擁壁の控え壁等が突出しているものでした。

解体や搬出には手間がかかるものの、さほどやっかいな物ではなくひと安心でした。

Negiriweb


先日あたりから、空を見上げると少しずつ秋っぽい雲に変わってきたようです。
気温も30°に届くかどうかということで、少し過ごしやすくなってきましたね。
現場の職人さんたちにとっては今年の夏は相当に厳しかったようなので、しばらくはこのすがすがしさが続くとよいのですが。

↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

|

« 現場での仕上材決め | トップページ | 杭工事 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515090/67066195

この記事へのトラックバック一覧です: 根切の確認へ(地中障害):

« 現場での仕上材決め | トップページ | 杭工事 »