住まい・インテリア

2020年7月 7日 (火)

これからの洗面所のあり方

withコロナ、アフターコロナの家づくりのあり方がさまざまな媒体で取り上げられています。

感染がいつまで続くのか、一過性のものとして終息するのか、また
現在のようなコロナ対策がいつまで必要なのか。
今の段階ではまだ分からないものです。
(困ったものです)

家族間の距離感まで問われる状況というのは非常事態だからこそ、と思いたいものです。
家の中のワークスペースに関する問題も、今後の社会のあり方やそれぞれの家庭、仕事の状況がどのようになるか、まだまだ定まらない事が多いため、解答を見出すのは難しいものだと思います。

しかし
「家に帰ったらまず手洗い・うがい」
という日常習慣に関しては、今回のコロナ対策に限らずとも継続したいものだと思います。

従来のインフルエンザ対策としても有効ですし、一般的な脱衣室内の洗面所(プライベートなスペース)をお客さん等が使用せずに済むことにもなる為です。

私の手がけた家では、これまでに洗面所を玄関の近くに設けたケース、脱衣場とは別にダイニングやリビング脇等に設けたケースがあります。

子供が帰宅したらすぐに手洗いをさせたい
喉が弱いので帰宅後すぐにうがいをしたい
といったご要望を受けたケースもあれば、逆にこちらから提案をさせて頂いたケースもあります。

玄関と洗面所が離れている場合には、もう一ヵ所洗面所を設ける。
トイレと洗面スペースを分ける。
脱衣室と洗面所は分ける、等。
家それぞれに形の違いはあるでしょうが、
玄関の近くに「手洗い・うがい」の為の洗面スペースを設ける
ことは、今日の住宅の基本スタイルとして考える必要があるように思います。

下の写真は、玄関脇(且つキッチンの入口手前)に洗面所を設けた事例。
(玄関から洗面所と、その奥のキッチンを見た写真)
その下の写真は、玄関脇に洗面所を設け、その奥にトイレを設けた事例です。
(トイレから洗面所を見た写真)

Zen1fkitch01web

Nog1fsen01web

ご参考になりましたら幸いです。

 

↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

 


二世帯住宅ランキング


自然素材住宅ランキング


設計・建築家ランキング

 

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

家づくりで一番大切なこと

こちらでお受けする建築相談やセカンドオピニオンでの内容などから、家づくりを進めている建て主の方々の動向を見る中で、近年の一般的な家づくりにおける疑問や懸念を抱き、
家づくりを計画されている建て主さんに向けて
家づくりで一番大切なこと
というタイトルでHPに文章を掲載しました。

私の事務所のHP内の「よろず話」というコーナーのトップに書いたものです。

ご興味のある方はご一読されてみてください。
https://www.atelier-n.com/style/yorozubanashi/important/

 

↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

 


二世帯住宅ランキング


自然素材住宅ランキング


設計・建築家ランキング

| | コメント (0)

2020年7月 2日 (木)

セカンドオピニオン、事例掲載

コロナ以降、お問合せが増えているセカンドオピニオンのお話についてです。

昨日、HPに最近手がけたケースの事例を追加掲載しました。

こちらのセカンドオピニオンサービスの中の
助言コース
にご依頼を頂いたものです。

今回は、地下1階+地上3階建ての比較的大きな住宅についてアドバイスをさせて頂きました。

助言を行うに際して、事前に頂いた資料にコメントやアドバイスをさせて頂く事項をメモ書きした上で行うのですが、主にこれをご紹介したものです。

豊島区の家
https://www.atelier-n.com/business/s-secondopinion/sc-ike/

セカンドオピニオンサービスは家づくりと同じで、建て主さんによってご要望が異なるもので、それに合わせて進め方や助言の主要なポイント等もそれぞれ異なります。

第3者の視点で、また設計のプロとしての視点で、さまざまなコメントをさせて頂くという点ではこちらの姿勢が変わものではありませんが、それぞれ異なる建て主さんの要求に応じて、回答内容や進め方を臨機応変に変える事は、設計の面白さの大きな要因のひとつだと思います。

ご興味がありましたらご覧になってみてください。

 

↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

 


二世帯住宅ランキング


自然素材住宅ランキング


設計・建築家ランキング

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

メッセージ(HMの動向?...建て主さんの悲鳴)

ここ最近、こちらの事務所への問い合わせや相談においても、また私も設計者登録をして回答を行っている住宅系サイトの相談コーナーを見ても、非常に気になる状況になっています。

ハウスメーカー等で家を計画中の方々からのプラン相談やセカンドオピニオンを求めるお話が急激に増えています。
(サイトによっては建て主さんの方々の「駆け込み寺」のような様相を呈しています)

外出の自粛や在宅ワーク等で、家づくりを考える人が増えたのか、
或いは、ハウスメーカーが急いで契約を取る攻勢に出ているのか...
(不景気への恐れや対処への不安等を皆が持っているのは理解できますが)

プランを決める期限が近づいているのに、プランを決めきれない

メーカー側の設計者は建て主さんが言ったことを図面化するだけで、提案がなされない

このようなお話や投稿が多く、その様子が目に浮かぶような状況になっています。

急いては事をし損じる

このような時だからこそ、ほとんどの人にとっては
一生に一度の家づくりですので
家を建てる人には
じっくりと焦らず、納得ができる形で家づくりを考えて
頂きたいものです。

住宅は非常に高額なものであると同時に、一度造ってしまったら、リセットはもちろん修正するのも容易なものではありません。

家づくりの主役は本来、建て主さん側にあるべきものです。

スケジュールを含めて、
「主導権」は建て主さんにあるべき事
をハウスメーカーの方々が理解して行動をしないと、世の中の多くの住宅の質が落ち、建て主さんの満足度が得られない家々ばかりになってしまう事を危惧せざるを得ないものです。

ハウスメーカーの営業所も一時休業になり始めているような現在の状況にあって、ハウスメーカーは一時的な利益確保に走るのではなく、一度冷静になって建て主さんの為に今、「本当にすべき事」を真剣に考えてもらいたいと思うのは、私だけでなくプロの設計者の多くが感じていることだと思います。
(もちろんハウスメーカーに限定した事象や課題ではないとも思いますが)

何よりも、現在の新型コロナウィルスによる自粛要請などの状況が改善するのが最も重要な事ではありますが、このような混乱した現在の状況下において、
住宅の建築に関わる方々へ
私のメッセージとして、ここ最近、非常に気になっていることを記させて頂きました。


↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

 


二世帯住宅ランキング


自然素材住宅ランキング


設計・建築家ランキング

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

セカンドオピニオンについて(インタビュー)

先日、私が建築家登録をしている「建築家紹介センター」というサイトを運営されている方からインタビュー依頼の連絡を受けました。

これまで、「外断熱」や「トップライト」、「ビルトインガレージ」について、インタビューのご依頼を受けてそれにお応えしましたが、
今回は「セカンドオピニオンについて」との事。

 

今回のインタビューの質問は以下の内容でした。
・貴社がセカンドオピニオンのサービスを手がけるようになったきっかけを教えてください

・具体的にどういうことをやっていただけるのでしょうか?


・料金はどれくらいでしょうか?

・全国に対応していただけるのでしょうか?

・メールのやり取りだけで間取りを作ってもらうこともできますか?

・間取り以外の相談にものっていただけるのでしょうか?

・セカンドオピニオンを行うにあたって意識しているや、こだわっていることはありますか?

・現場のチェックをしてもらうこともできますか?

・どの様な方法でサービスを受ける事が出来るでしょうか?

 

先週末にその内容がサイト上で公開されました。

ご興味のある方はご覧になってみてください。

インタビュー掲載記事へ↓
https://kentikusi.jp/dr/node/20721

 


↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

 


二世帯住宅ランキング


自然素材住宅ランキング


設計・建築家ランキング

| | コメント (0)

2020年4月 6日 (月)

外出自粛と家のメンテナンス(DIY)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、東京をはじめ各地の自治体からは不要不急の外出を控える「外出自粛要請」が出されています。
そのような状況にあって、皆さんはどのように家で過ごされているでしょうか。

私は今年の初頭から、築24年となる自宅を少しずつではありますが、週末に自分でできる部分のメンテナンス(修繕)をしていました。
(さすがに家も24年が経つと部分的には劣化が気になる部分が出てきます)
とはいっても、週末にも仕事があったりサッカーの試合があったりで、あまり進んではいなかったのですが。
このところ仕事は少し余裕ができ(...困った事に)、趣味のサッカーはリーグ全体が休止という事もあり、今回のタイミングでそれを少し本格化させました。
本格化といっても、足場をかける訳ではないのでせいぜい脚立で手が届く範囲、私でもできそうな内容に限定してのものではあります。

私は、子供の頃の遊び道具のひとつがトンカチとノコギリ。
(板を見つけてきてはそれでブーメランを作ったり...)
小さい頃は大工さんになりたかった、ということもあって、もともと職人的な素養はあったのだとは思います。
(自宅の増改築にきていた大工さんにあこがれたのも理由のひとつです)

現在は建築の仕事はしているものの、直接自分で手を動かして建物を造る立場ではありません。
しかし仕事柄、さまざまな職種の職人さん達の仕事はよく見ていますし、材料や技術の知識もありますので、
自分でできる手直し等は自分でするようにしています。
(基本的に、手を動かす作業が好きなのだと思います)

今年に入っての作業は以下のようなものです。
・鉄部や木部の再塗装
・コンクリート土間の黒カビ除去&床用透明塗装
・外部のシーリング劣化部の打ち替え
・外部の石貼り床のクリーニング&撥水剤塗り

最近は、ホームセンター等でも品揃えはだいぶ充実していますが、ホームセンターでは扱っていないプロ用の材料を簡単にネット購入ができるようになり、以前は専門店に注文をしていたような物でも簡単に手に入るようになりました。

外出ができなくてストレスが溜まっている方は多いと思います。

自宅の部分補修や修繕などは以外に時間を要する作業でもあり、特に外回りの修繕はこのような状況下でも外の空気を吸いながら時を過ごすのには良いかと思います。
(外作業にもいい季節になってきていますし)
家は適切なメンテナンスをすることによって長持ちするものです。
材料費だけでリニューアルができることもあって両得ともいえるものです。

戸建て住宅にお住まいの方にあっては、大がかりな修繕は難しいでしょうが、このような家での過ごし方もいかがかと思います。
(場合によってはご指導もお受けします...あくまで私が分かる範囲で、ですが)


↓よろしければいずれかをポチッとお願い致します。

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

 


二世帯住宅ランキング


自然素材住宅ランキング


設計・建築家ランキング

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

家のつくり方と家の「価値」について

家のつくり方には大きく分けて「住宅メーカーによる家」「工務店が造る家」「建築家/設計事務所が手がける家」の3種類があります。

今回、メーカー住宅のメリットとデメリット等について取り上げた上で、「メーカー住宅」と「建築家や設計事務所が手がける家」との違いを通じて、
「家の価値」についての考察
をHPに掲載しました。

↓ご興味のある方はご覧になってみてください。
https://www.atelier-n.com/style/yorozubanashi/kachi/

 


↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

 


二世帯住宅ランキング


自然素材住宅ランキング


設計・建築家ランキング

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

空間の光をデザインする/建築設計の魅力

今日の日中の自宅玄関です。

春のやわらかな日射しがガラスの屋根から射していました。

Jitegen02web

Jitegen01web

建築の設計は、求められる機能や性能を法的な観点も含めて充足させる作業ではありますが、一方で街並みを考えたり、風通しを考えたりと、ソフトな側面を考えることも大事な事です。

その中には
光をデザインする
ということも重要な課題のひとつです。

形態や素材を含めて光をどのように捉えてデザインするかによって、空間の見え方は大きく変わってくるものです。

季節ごとに、時間ごとに、また方位や周辺環境によっても室内への光の入り方は変わるものです。

正解のない課題に自分なりの回答を出すこと

おそらくこれが建築設計の最大の魅力だと思っています。

Jitegen03web


↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

 


二世帯住宅ランキング


自然素材住宅ランキング


設計・建築家ランキング

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

明るく風通しの良い家づくりの設計ノウハウ

「明るく風通しの良い家」は、私の事務所に設計のご相談や依頼を頂くほとんどの方が家づくりのご要望のひとつとしてまず最初に挙げられることです。

住宅メーカー等のプランを提示されて
「この窓の設け方で明るさは問題ないでしょうか」
「この吹き抜けは採光上効果的でしょうか」
といったご相談もよくお受けするものです。

明るい室内や自然光を感じる家、空気が淀まない家とするために「窓の設け方」や「吹き抜けの設け方」はもちろん大切なことではありますが、それ以前に
家の断面計画
の観点から、家の構成を考えることがより重要な事だと考えています。

Miyalivdin02web

以前からHPにてその手法をご紹介していますが、今回そのページを少し充実をさせました。

ご興味のある方はご覧になってみてください↓
https://www.atelier-n.com/style/section/

 


↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月 3日 (火)

烏山の家/取材記事が公開されました

Sfjgaisak081web_20200303173001

この1月に、私が手がけた住宅に関しての取材を受けました。
建築家が手がけた住宅に特化、魅力ある事例を発信しているという建築家ポータルサイト
KLASIC
という所からのお話でした。

私が数年前に手掛けた「烏山の住宅」について、
家が建つまでのストーリーや工夫した点、
建て主の方とのやりとり
などを取り上げたいとの依頼を受けたものです。

昨日よりこの取材記事が公開されましたので、
ご興味のある方はご覧になってみてください↓
https://www.klasic.jp/construction/13243/

世田谷区に建つ自然素材を生かしたカントリー調のインテリアの家です。


↓よろしければいずれかをポチッとお願いします。
(アクセスランキングにご協力ください)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧